バレエ 脱毛

バレエダンサーの無駄毛処理事情もさまざま。光脱毛のメリットデメリット

バレエダンサーをめざすひとの無駄毛処理事情

バレエダンサーを目指すひとの場合、競泳やチアガールに比べ、光脱毛やレーザー脱毛を希望するひとの割合がやや高い気がします。(もちろん正確な統計をとろうにも母集団が少なすぎますから、あくまで主観になりますが)
光脱毛やレーザー脱毛は、仕上がりが他のどんな無駄毛処理方法よりも綺麗です。効果も長持ちしますから、本格的にバレエダンサーの道を歩もうとしているひとなら、十分に価値があるでしょう。全身脱毛はだいたい10万円から、とそれなりの金額はしますが(光脱毛の場合。レーザーの場合は30万円相当)、それだけの価値はあります。特にバレエダンサーは、美を競う仕事ですからね。年齢に関しては、一部では7歳から施術できるところもあります。
しかしこの方法には、デメリットがあることも覚えておいて欲しいです。バレエダンサーを志すひとの場合、上であげたように、金額はあまり問題になりません。むしろ問題は「毛を伸ばさなければならない」期間が存在することです。

 

他の無駄毛処理方法を模索する

光脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、これらの光は黒い色素にしか反応しません。そのため1回の施術が終わっても次の毛が生えてくるまでの約2ヶ月、自分で処理してはいけないのです。このため「頻繁に練習があり」「かつ長袖の着用が認められていない」場合ですと伸ばしている最中の無駄毛をさらけ出すことになります。他の無駄毛処理方法としては除毛クリームやカミソリ、毛抜きがあげられるでしょう。上のような条件を満たさない場合は、これらの方法を考える必要があります。