レオタード 脱毛

早い子は12歳くらいから|レオタード競技の場合、知識は必須!

水泳や体操、チアにバレエ…露出が多い習い事は要注意

レオタード競技や水着の競技をやっている人たちはほとんど全て除毛や脱毛をしています。
水泳ならば少しでも水の抵抗を減らさなければなりませんし、美が求められる競技においては無駄毛は大きなマイナス要素になるからです。

 

しかし、水泳や体操、バレエなどは子供の頃からやっている人が大半の割に、無駄毛処理の話題は出てきません。

 

何分デリケートな話題でもあるし、思春期の子供達にとってはなかなか難しい問題です。

 

しかし「知らなかった」「どうしたらいいかわからない」ではすまされません。

 

競技をやるお子さんを持つ保護者の方々は、一度無駄毛処理の方法をおさらいしておく必要があります。

 

発育の早い子は12歳から。脱毛のメリットデメリット

 

しかしながら、特段「バレエの為の脱毛方法」や、「競泳にはこのような処理方法がよい」「体操の場合、こんなやりかたは駄目」というものがあるわけではありません。一般の処理方法と全く同じです。

 

エステやクリニックの脱毛は、許可や親の同伴があれば7歳から受ける事が出来ます。保護者や本人に抵抗がない場合、12歳くらいから通う人もいるでしょう。仕上がりがとても綺麗ですが、費用はかかります。

 

除毛クリーム、抑毛ローション、テープや家庭用マシンを使う方法は家で出来るし仕上がりもある程度綺麗になるため重宝する人も多いでしょう。しかし痛みの問題もあるし、金額も安くはありません。

 

王道、毛抜きとカミソリはもっとも手軽です。費用もかからず、思い立った時に出来ます。ただ肌があれたり毛穴が目立ったりという問題点もあります。

 

大人の無駄毛処理以上に、子供の処理には丁寧さと慎重さが求められます。

 

 

子供の脱毛、最適な方法を紹介しているサイトはこちら→子供の脱毛専門サイト

無駄毛処理は必須!レオタード競技の人の為の無駄毛処理

親、特に母親がしっかりサポートして。思春期の子供の心模様と脱毛事情

 

レオタード競技をやる人にとって、脱毛や除毛はさけて通れないものです。
美しさを競い合うものですし、露出部分も多いので、他のスポーツ以上に気を使うことでしょう。

 

体操やチアなどは、幼い頃からやりはじめる人もとても多く、そのまま思春期を迎えます。
思春期独特の「変わりたくない」「大人になりたくない」「自分の体の変化を認めたくない」という思いと、
「綺麗な女性になりたい」「他の人と違ったことをするのは嫌だ」「私の体はおかしくないのか」「毛深いって思われてない?」
などの相反する気持ちがぶつかりあって、子供自身がとまどいの中にあります。

 

そんな時保護者、特に母親が、頭ごなしに
「まだ子供なのにそんなことを気にするなんておかしい」と言ったり、また逆に、
「無駄毛にも気付かないなんて恥ずかしくないの?」という考えだったりすると、
子供としては非常に息苦しいです。

 

変わっていく子供の気持ちによりそい、無駄毛処理を考えていきましょう。

 

勧誘なしの優良脱毛サロン脱毛サロン ミュゼプラチナム

 

すね毛脱毛・脚毛処理なら  http://datumouesthetic.com/
脇脱毛・脇毛処理はコチラ  http://vio-datumou.com/
濃い体毛を薄くする  http://eikyudatumou.com/

 

美しさと恥じらいのために〜レオタード競技における無駄毛処理

 

エステやクリニックを勧める記事などでは、「自己処理は絶対に駄目、赤くなってしまうことがあるし、不快感も覚えやすい」
とゴリ押ししてきますが、そんなことはありません。
エステもクリニックも、また毛抜きやカミソリによる自己処理、除毛テープや除毛クリームや抑毛ローションなどの道具を用いるもの、
どれもこれも一長一短であり、どれが「格段に優れている」といったこともなければ、「これは絶対に駄目だ」というものでもありません。

 

金額や効果を考えるのも大事ですが、子供が求めている方法があるならばそれにし、そうでなければ、
「大会もあるし、お母さんもこういう風に処理しているし、あなたもどう?」と聞いてあげましょう。

 

うれしい脱毛し放題コース脱毛サロン ミュゼプラチナム